のどじまんザワールド2017春 観覧レポ  
2017.4.12
  (オンエア:2017.5.13)


2017年4月12日(水) 東京国際フォーラム 16時集合
通知されている番号は380番台。番号順に並んでチケットをもらうと席は22列。後ろから数列目。
JFCは全部で400人の当選で、日テレの当選者は別のところに行列がありました。
会場に入ると大きな地球儀のセットで、思わずWe're SMAPかと思いました。
全部で14**人だそうです。(聞きそびれました)

前説は、40代のディレクターって感じの人で、拍手なんかの練習など。たいしたことはしなかったです。
審査員とゲストの登場。特に感想なしです(笑)。

中居さん、西尾さん、テリーさん登場。あー、中居さんだー。元気そうで良かった。
最初の高梨沙羅のメッセージが流れ、「さらちゃん!さらちゃん!」と呼ぶ中居さん。
MC席に着き、資料をめくって見てます。
★1人目高校生のVでの紹介の時はずーっと資料を見てました。資料は、左側の縦に国旗が並んでてその右に説明が書いているようなものでした。
ほっぺたぷーっと膨らませたり。
その子に、緊張しないの?歌が好きだから?緊張しないの?としきりに聞いてました。

★2人目の紹介の時は、資料に何か書き込み。
チリから40時間かけて来た、と聞き、「おとつい来たんだって。月曜?」
メイジェイがしゃべってると石井さんがメイジェイに寄ってくるので「なんでメイジェイ寄りになるの?」
石井「フェイクをやりたがってるのがわかる」って、なんでそんなこと言うのかなーって思った。

★3人目インドのコの紹介の時、小さなペットボトルの水をストローで飲んでました。
そのコは声が「やさしいの〜」(オンエア済)って言う声が優しかったです。
石井「インドで流行ってる曲をちょっと歌って」なんでそんなことやらせる?

★Bブロック1組目。ダイアナが歌い始めるとその上手さに唇の端を上げてニヤリとしました。
インタビューではダイアナがいきなりペラペラの日本語で話し始めて、ええーってなり。通訳さんに「申し訳ないねー」って。

ここで中居さんが手拍子についての提案を。「バラードで、ン、チャン(裏を取る手拍子)とかやってるけど、NHKの匂いなんだよね。
やったほうがいい?やらないでいく?バラードは。んじゃ、決めよう」
「バラードは歌ってる方から言うといい迷惑だよね。バラードはなしにしよう。ミディアムは?」
で、審査員がそれなりの動作→ゲストがそれを見て後ろの客席に伝わるようにする→客という流れで手拍子をすることを決めました。
で、表でいくか裏でいくかもこだわる中居さん。「表でいく?ンっバッでいくか、ンっでいくか」
って結局どっちってことは決まらず、あいまいな感じで協議は終わりました。

★2組目。ベルギーの合唱団は、15歳から18歳ということで、ひとりの男のコに「キミいくつ?」
その子がいくつって言ったか忘れたけど、年上に見えたので、「理事長かと思った(笑)」
同じ音で「アー♪ってやって」というリクエスト。中居さんが「♪アーって」て言うとちょっと会場がクスクス。
「ベースの音とかやんなくて大丈夫?わかんないけど」と言ったりすると、またクスクスって。
西尾さんが「中居さんが音楽のことを言うと、観客のみなさんがクスっと(笑)」
中「何それ、ムカつかない?アーって言っただけなんだよ」
ちなみに決勝では何を歌う予定だったか聞くと「ビリーブ」って言ったら、「ブリーフ?」って。

★3組目、夫婦デュオ。
紹介の時か歌ってる時か忘れたけど、カンペらしきものが出てて、それを見た中居さんが、『そんなことわかってるよ』とでも言うように、
頷いて、マイクを持った手をフンって振る感じに動かしてました。

夫婦デュオ、旦那さんがハモり出した時、ええ?て感じだったので、中居さんも眉が動いてましたよ。え?っていう顔。
オンエアでは上手に聞こえました。何?このマジック!
日本語をしゃべる旦那さんがデーブスペクター?怪しさ丸出し、とか言ってました。

★Cブロック1組目。双子ちゃん。
普通は歌聴きながら資料見たり書き込んだりしてたけど、双子ちゃんの時はニコニコして身を乗り出してましたね。親みたく優しいお顔。
「キミたち、かわいいんだよー。何なの(笑)!」
でも2人はずーっとユニゾンだったという話で、「(ハモリが)いつ来るかと思ってたけど、ごめんねー(笑)」勝手なこと言ってごめんねーっていう意味でした。
石井さんがもう1曲リクエストしてありのままの〜と歌ったのはオンエアされてました。
こんな子を見ると「ちゃんとしなきゃって思っちゃう」中居さんでした。

★2組目
ペルーの民族楽団。美空ひばりのマネさせて、「そんなに似てないっていうね(笑)」というくだりがあったような覚えが。

★3組目フィリピンでトンカツがブームと聞いて『え?おぉ〜』って口をまん丸に開けてました。
小室さんのでパーチャーだったからか、中居さんすごく乗ってる感じに、手で膝叩いてパーにして上に向けて、みたいな所作を。

★Dブロック1組目。ジャマイカの先生グループ。
イーってしてる顔はオンエアされてましたね。この時も右手が結構動いてました。膝上で、パッとして膝を叩いて。
1人1人がボーカルとしてもすごい、とかメイジェイさんが話してるとまた石井さんが入ってきたような。結構長く話してました。

★2組目。プエルトリコのオマールさん。北村一輝だーって思いました(笑)!後の飲み会でも話題でした。
歌唱中、カンペが出ていて、水を飲みながら頷いて、マイクを持ったままそのカンペを指す感じの仕草。後半はずっ右手で膝を叩いてました。
中居さん。すっげー上手かったよーってくだりは結構オンエアされてました。あとは、「楽しくてしょうがないんだね。抑えられなかったんだね」っていう言葉もありました。
石井さんがまた他の曲も、とリクエストしたので、「なぜそうすぐ2曲目を聞くの?上手なのに」と。ここまですべてカットされてるけど、石井さんのコメントがちょっとうざいのよねー(笑)。

★3組目。インドネシアの民族楽団。花、と出た瞬間の会場の盛り上がりがすごかったです。
テリーさんのコメントで、僕も入るかと思ったけど喉の調子が…高笑いでしたけど、というくだりの後。
西尾さんが振ってくれたので。
「僕(オレって言ったかも)、昔歌ってたんだよ。口動かしてただけだけど(笑)。本人に会えちゃったね。会えるもんだね。ほかの人にも会わせたかったよー。」
この時のコメントがこの日最高でした。

★休憩中
MC2人とテリーとで並んで番宣用写真撮影タイム。写真を撮る時に、無表情なのに、撮るぞってなったら一瞬でニコっとするのが素敵。さすがプロ〜!
氷結の新しく行こうがBGでした♪
うちらは、飲み水をもっておらず、自動販売機もなく、のどがからから。中居さんの水がうらやましくて。
でも後のビールを思うと我慢我慢ってことで、飴でしのぎました。
★ワイルドカード
1次ラウンドが終わって、5組目の決勝進出者は2組が同点なので決勝は6組で、と言ってたんですが、見返してみると点数操作もなく、ちゃんと5組でしたね。
当日、単純に間違えただけだったのかな…。

★決勝戦
1:ダイアナ
本当に日本語ペラペラで。石井さんが「うらやましい、あんなに歌えて」
中居さんが彼女に聞いたら、「さっきのスーパーフライはキーを1つ上げてるって言ってたけど、これは2つ上げてるんですって!
気持ち悪いでしょぉー?オリジナルでは歌わないって感じ?」というようなことを言ってました。
2:ジャマイカ先生グループ
「すごい、すごい、分かったよぉ〜」もう上手いの分かったからいいよぉって感じ。
中居さんが使ってるのは3色ボールペンっぽい。左手で鼻をつまむのを何回か見ました。
3:オマール
石井さんが「だから」が「だきゃら」ってなるっていうこと言ってたけど、なんで今?って感じでした。
インタビューでしゃべるオマールに、うんうんと頷いていたけど、ベラベラしゃべるので、だんだん近寄って行って、「どしたどした?焦んなよぉ〜(笑)」
4:インドのコ
いつも一歩後ろに下がってるので、中居さん「彼女だけ立ち位置いつも後ろなのー」って指摘してました。
泰平さんがいいこと言ってて石井さんが拍手してまた割り込んでくるので「ちょっと黙っててください。マジのほうです」って中居さん。
いや、そんなにマジではないけどっていう雰囲気を出しつつ、結構マジだったかも。

インドのコの399点の後、いろいろ点数についての石井さんとのやりとりがありました。
石井さんが何を言ったかはっきり覚えてないけど、何か提案して、それをすると4人の審査員が誰が100点で誰が99点だったか分かるじゃないかと、そんなこと言っちゃいけないでしょう、と。1点2点は好みの問題で、例えば小室さんが…といろいろやりとりがあって、「これ、マジのほうです」って、今度は本当にマジだと思いました。
石井「俺が言いたかったのは…」
中居「何でしょう?」と、嫌そうな感じ。
「さっきの100点うんぬんのくだりはオンエアしません」。言ったとおりでした。
本気でマジだったと思うけど、他の人にはそのイラつきというか、嫌な感じを全く感じさせないのですよね、中居さんって人は。
石井さんのワガママをおもしろくしてくれてる。やっぱ、すごい人だなと心の底から思います。

5:ペルーの民族楽団
石井さんは懲りないね「聞いてもいい?」ってまだ質問してました。内容は忘れました!
インタビュー中の、下に下ろした左手。長めの袖から覗く手をパーにしてるのが可愛かったなー。

★表彰式
準備中、全員が並んで、「はさみますね」と自分がさっと上手に移動。
表彰式がはじまって西尾さんがなんかNGを出して、中「噛んだわけではないですよね(笑)」

特別賞は会場全員が双子ちゃんだと思ってましたね(笑)。
双子に、「何で選ばれたか分かりますか?」
双子「…」
中居「おじちゃんが勝手に選んだの!2人に好かれたかっただけなの!嫌いにならないでね」
双子「シー」(yesの意味)
中「無理させちゃったね(笑)」

全員で記念撮影の後、みなさんを送り出して、最後に下手に下がりながら、胸の辺りに両手を挙げて小さくバイバイしてくれました。

2年前の名古屋オーラス以来の中居さん。元気そうで何よりでした。石井さんの扱いも完璧だったし(笑)。
しかし、司会者でなく、プレーヤーである中居さんを見たい。見たいよー!見せてーーー!


遭遇レポtop